20代後半を過ぎ、30代40代を迎えた頃から、10代の頃に比べて、お肌にハリや弾力性、白く輝くような透明感が無くなってきてしまったことに、鏡を見てガッカリしてしまった女性は多いかと思います。

 

その原因のひとつが、紫外線、加齢、生活習慣などによるスキン・トラブル。その中でも案外見落としがちなのが、紫外線のUV-A波によるお肌の老化現象を

総称して呼ばれる光老化です。

 

光老化とは何でしょうか?

 

光老化とは、まだ聞きなれないかもしれませんが、お肌が毎日浴びる紫外線などによる光線が原因となる、お肌の老化現象のことです。一般的には「日焼け」「ほてり」「しみ」「そばかす」など、目に見えてわかるお肌のトラブルですが、こうしたわかりやすいお肌のトラブル以外にも、もっと恐ろしいお肌の老化現象が起きていることでも、近年注目されてきています。

 

紫外線のUV-A波は、真皮の奥深いところまで届いてしまうので、大事なお肌のコラーゲンやエラスチンを悪化させ、お肌の弾力やハリを失わせてしまいます。また、表皮は年齢と共に薄くなっていくのですが、このUV-A波を常に浴びることで、表皮が真皮を守ろうと、より肥大化、肥厚化してしまい、お肌の表面が硬く厚くなり、透明感やハリを失いつつ、深いシワがつくられてしまうのです。

 

また、光老化がもっと進んでしまうと表皮は今度は薄くなってゆき、深く真皮までシワが刻まれてしまい、黒く、くすんで変化してしまった真皮が、実年齢よりも年を取って見られてしまう大きな原因となってしまうのです。

 

これでは、毎日鏡を見ていても憂鬱になり、気持ちも沈むようになってしまい、気づいた頃には、どんなに高い美容液やパックを使用しても手遅れということも・・・。

 

光老化を防ぐには?

 

まずは、生活習慣を正しく直し、たっぷりのビタミン・ミネラルなどの栄養素をきちんと摂取し、不規則な生活を改め、睡眠もしっかり取るところから始めます。こうすることで、正常な基礎代謝になり、お肌のターンオーバーがしっかりと進むようになるからです。

 

また、真皮層に蓄積していった老廃物や古い角質、紫外線によるメラニンなどを、しっかりと取り除き、どんどん新しいものにしていく化粧品の使用も効果大です。

 

高品質の物を使うこと!

 

外出などの際には、紫外線のUV-Aからしっかりとお肌を守るために、高品質で効果の高い日焼け止め化粧品をSPFとPAに基づいて厳選し、きちんと毎日使用することで、光老化を防ぐことが可能となります。毎日の努力でお肌を守りましょう。